アプリコットオイル(杏仁油)の効果、副作用│首いぼ有効成分

年齢を重ねると増えてくる首いぼをどうにかしたいという人は多いのですが、治療はレーザーなど病院で行うものしかないと思っていませんか?
手軽に自宅で出来る対処方法にアプリコットオイルを使うという方法があります。

アプリコットオイルとは

アプリコットオイルは杏の中の種を低温圧縮して取り出したオイルで、アロマテラピーなどでも使われていたり、人間の皮脂に多く含まれているオレイン酸を65%も含んでいることから自然素材のスキンケア用品としても知られています。

アプリコットオイルの効果

オレイン酸の他にもリノール酸やパルミトレイン酸が肌をしっかりと保湿してくれるので肌の乾燥を防ぎます。
そもそも、首いぼが出来てしまう原因は肌の乾燥と紫外線だと言われています。
その中の肌の乾燥を阻止してくれ、さらにパルミトレイン酸が肌を柔らかくし、リノール酸は皮膚の乾燥や老化、角化症の予防効果も期待できます。
また人間の肌はターンオーバーを行って細胞を新しくしているのですが、そのサイクルは年齢を重ねるごとに遅くなって行きます。
ストレスなども原因になって肌に古い角質が残ってしまうと、それが首いぼの原因になってしまうこともあります。
アプリコットオイルはターンオーバーも正常なリズムに導いて古い角質を押し出してくれる効果もあるので、これらの働きが相乗効果を発揮して首いぼを取れやすくしてくれるのです。アプリコットオイルを直接つけたり化粧水でしっかりと保湿をした後に付けるだけで良いという手軽さも人気の理由です。
そのまま毎日入浴後に付けておくと早い人では1週間ほどでぽろっと取れてしまいます。

アプリコットオイルの成分

肌に多く含まれているオレイン酸が主なもののため、アプリコットオイルを使うことの副作用はほとんどないと言われており、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使えるものだと言えます。
注意点としては肌なじみが良く主成分が人の肌にあるものと近いとは言っても油なので、朝つけて外出すると日光の影響を受けやすくなってシミやくすみの原因となってしまう可能性があります。

アプリコットオイルの選び方

純度100%のピュアオイルならば日光の影響を受ける心配がないとも言われていますので、選ぶ時には成分をしっかりとチェックしてから購入すると安心です。
また商品によっては「ヘアケア用」として販売されているものもあります。
髪という人の肌に近い場所に付けるものだとは言っても人の肌と髪とは別のものです。きちんと肌に付けても良いものを選ぶようにしておきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

木酸液の効果、副作用│首いぼ有効成分

スクワランオイルの効果、副作用│首いぼ有効成分

ヨクイニンの効果、副作用│首いぼ有効な成分