種類と症状

老化性角化症の症状と治療法について

歳を重ねるごとに、体には様々な変化が現れてきます。それがとくにはっきりと現れるのが、皮膚です。肌の表面は常に外気に晒され、紫外線を浴び続けています。それだけに、細胞の損傷が激しく、諸症状を抑えることができなくなるのです。老化性角化症も、そのひとつです。

老化性角化症の症状


老化性角化症は、脂漏性角化症とも呼ばれ、顔や首などに、いわゆるイボが出来てしまう症状のことです。

老人いぼともいわれる首いぼは、多くがこの角化症によるものなのです。色は淡い褐色をしているものから、濃い黒色になるものまで様々で、かたちもその人によって大きく変わります。そしてこのようないぼは、はじめは1~2ミリ程度と小さなものですが、徐々に大きくなっていくものもあり、首いぼがネックレス状になるまで成長してしまうものもあります。そして、しつこい痒みを伴うこともありますから、注意が必要です。

治療法

老化性角化症は、良性の腫瘍であるため、即座に治療を行わなければ命に関わる、といった類のものではありません。

しかし、痒みに悩まされていたり、大きないぼで外見が悪くなるなどした場合は、治療を受けたほうがいいでしょう。
角化症のいぼを除去する方法としては、電気焼灼や冷凍療法などがあります。また、大きなものを取り除く場合は、外科手術が必要です。

治療法①電気焼灼

電気焼灼は、患部に麻酔を施したあと、電気によって角化症になっている部分を浅く焼灼する方法です。電気焼灼を用いると、施術が短時間で済み、傷の治りも早いという利点があります。

治療法②冷凍療法

一方、冷凍療法は、綿棒に液体窒素を塗布して、それを患部に押し当てることによって凍らせる方法です。こうすると角化症はかさぶたになったあと、脱落していきますので、麻酔に頼らない施術が可能となります。これらの方法は、患部が小さい場合に有効ですので、角化症が大きくなる心配がある方は、早めに施術を受けるようにしましょう。

治療法③外科手術

一方、大きないぼは、外科手術による施術を行います。これも患部が浅い場合は、半月ほどで綺麗に治ります。この方法の利点は、組織検査ができるということです。ごく稀に、いぼが老化性角化症ではなく、初期のがんであったというケースもあります。電気焼灼や冷凍療法では、それを検査することができないので、親類に同じようながんにかかった人がいる場合などは、あらかじめ申し出て、検査を受けたほうが安心です。老化性角化症に関する正しい知識を得て、適切に対処していきましょう。

首いぼ除去クリーム効果比較!気になり始めたら試したいのはこれ!
クリアポロン
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

杏ジェル
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

艶つや習慣プラス
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ