30代にできる首いぼの原因と予防法

首いぼは年齢を重ねるごとに発生する人が多いのが特徴です。

30代にできる首いぼの原因


30代の人でも首いぼができる人はいて皮膚と脂肪で出来た良性の腫瘍です。
首以外にも胸や脇周辺の肌が弱い部分にできることが多いです。

肌と服が擦れることによっていぼが出来てしまうことや紫外線が原因と考えられております。

ウイルス感染のケースもありますので気になる人は皮膚科に行って診断してもらうことが一番です。

予防法

角質と肌の老廃物が蓄積されてできるのがいぼです。シミが進行することでもできます。そのため、ざらざらとした角質が気になる時にはクリームなどで保湿をしっかりと行い、紫外線が当たらないようにスカーフなどで保護することも大事です。

紫外線予防のクリームなども効果的です。若い頃にはなかった首いぼは30代でできやすいので日頃のスキンケアを入念に行い注意することが大事です。女性ホルモンなどの分泌量も変化してくる時期ですので首以外にもいぼができやすい部分を確認しておくこともポイントです。

基本的にはいぼはうつらないのですが、ウイルス感染でできたいぼの場合はうつるケースがあるので医師に相談してみることが重要です。

皮膚の柔らかい部分に出来て、3mmほどの大きさのいぼがほとんどで衣服による擦れが原因で出来ます。ネックレス等にひっかかりいぼが取れる場合があるので注意が必要です。

自分で除去すると跡が残ってしまう場合があるので美容外科のレーザー治療など専門的な治療を行うことが重要です。

引っかかっていぼが取れると炎症を起こしたり、症状を悪化させてしまうケースがあるので早めのケアが大事です。

■スキンタッグ

スキンタッグといわれるいぼは茶色、黒っぽく見えるものがあるのでほくろと混同しないようにすることが大切です。
このいぼも他人にうつることはないのでスキンケアを十分に行い保湿した状態を保つことが大切です。

■老人性いぼ

老人性いぼと呼ばれるものは加齢が原因でできる症状です。年齢を重ねるごとにどんどん大きくなることが特徴ですので気づいた時に皮膚科で取り除いてもらうことがおすすめです。ウイルス感染によってできるいぼは足先や手先等の擦れやすい部分にできることが特徴で、温泉などで簡単にうつるので傷口などがある人は注意が必要です。

30代首いぼ予防-まとめ-

首いぼを防ぐためには毎日のスキンケアを十分に行うことや摩擦を減らすことが重要です。クリームなどで保湿を行うことで肌同士の摩擦を低減することが可能です。健康な食生活や適度な運動で代謝を高めることも大事です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

10代にできる首いぼの原因と予防法

20代にできる首いぼの原因と予防法