スキンタッグの症状と治療法について

首いぼ

スキンタッグが首いぼということは理解していますが、どのようなも症状や治療法があるのか気になったので調べてみました。

スキンタッグとは

首筋や胸元、脇などにポツポツとしたイボできてしまうことがあります。
これは、スキンタッグという良性のイボで皮膚疾患のひとつです。

スキンタッグの症状

イボのうち直径1~3㎜ほどのもののことを言い、小さいものをアクロコルドン、大きいものを軟性繊維種または懸垂性繊維腫と呼ばれます。首や胸元だけではなく、まぶたや太ももの付け根、お尻などの皮膚が比較的柔らかい部分や薄いところにできやすいとされています。

原因

このような首いぼなどができてしまう原因は主に老化が原因だとされています。

皮膚の老化は生活習慣や喫煙などのほか、
紫外線が大きな要因のひとつとなります

紫外線のダメージは長年積み重ねていくことによって老化として現れてしまうのです。また、肌の摩擦も原因のひとつです。

アクセサリーや衣類によって皮膚が摩擦されたり締め付けられることによってダメージが重なってしまい原因となってしまいます。

生活習慣の悪さなどは肌のターンオーバーの乱れにもつながっていきます。皮膚の角質がたまって大きくなった良性のイボですので、ターンオーバーが乱れることで角質が溜まりやすくなってできやすくなります。

基本的に体に害はなく、ウイルス性のイボでもないため他の場所に転移したり、人に感染してしまうこともない症状です。しかし、衣類やアクセサリーで摩擦が起きると炎症が起こることもあるため注意が必要です。

治療法

治療法としては、安全で確実に取るためには皮膚科などで治療することが大切です。

皮膚科で行う治療にも幾つか種類があります。

1.液体窒素治療

マイナス200度ほどの液体窒素にイボを凍結させて行う方法は数日から数週間でイボを取ることができます。保険も適用することもできますが、問題のない皮膚も凍結さてしまうため色素沈着する可能性があります。

2.レーザー治療

炭酸ガスレーザー治療は熱で焼き切る治療法です。治療跡が綺麗なためまぶたなどの治療に向いています。しかし、保険適用外のため病院によって治療費が異なってきます。

3.外科治療

ハサミや糸を使って切り取る治療法もあります。比較的小さなスキンタッグを取り除くために行われる治療法で、イボだけを切り取るため他の皮膚に影響を与える可能性が低く、治療跡が残りづらいというメリットがあり、保険適用されます。

セルフケア

時間や手間がかかってもいい場合には、セルフケアすることがあります。
イボを取る効果のあるはと麦を意識して取り入れる、専用のケア用品を利用するなどの方法がありますが、自分にあった方法でケアすることが大切です。

まとめ

スキンタッグについて調べた内容をまとめてみました。お役に立てる内容でしたでしょうか。

スキンタッグは良性で感染することや体への害はありませんが、見た目的にストレスになることも多く、オシャレに妨げにもなるのでできる限り予防や治療をしてしまいたい!ですよね。

治療方法もあることも分かったのでキレイに除去するなら、皮膚科や専門医を受診したほうがよさそうです。小さいなら、首いぼ除去クリームで毎日ケアして様子を見てみるのもいいかもしれません。

https://xn--n8j1f2674a.xn--tckwe/kubiibo_top/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

老化性角化症の症状と治療法について

老人性疣贅の症状と治療法について

首いぼの基本知識│ウイルス性はうつる?いぼの症状と治療法について